スフェーン 人気

スフェーンの色の魅力!角度によって色が変わる?

スフェーンの名の由来

スフェーンの名前は、結晶の形がくさびに似ていたため、ギリシャ語でくさびを意味する、「スフェノス」「Sphenos」から由来しています。

 

スフェーンはチタンを含んだ珪酸塩鉱物で、「チタナイト」とも呼ばれています。

 

スフェーンは、鉱物的には「チタナイト」、宝石としては「スフェーン」と表記されています。

 

一目見ると惹きつけられるキラキラとした輝きがこの石の特徴で、それもそのはず、光の分散率はダイヤモンドよりも大きいです。

 

カット次第ではダイヤモンドより輝く石なのに、残念ながら硬度が低く割れやすいことから、アクセサリーなどには不向きとされ、あまり流通していません。

 

 

チタナイト(スフェーン)のカラーバリエーション

 

スフェーンは鉱物的にはチタナイトといい、その中でグリーンの美しい石だけがスフェーンと呼ばれています。

 

その他のものは鉱物名のチタナイトと呼ばれ、含有される不純物によって、濃い褐色や黒、レモンイエロー、レッド、グレーなど、カラーバリエーションもあり、さまざまな色合いを楽しむことができます。

 

しかし、やはりチタナイトの中ではグリーンのスフェーンが1番人気の色となっています。

 

この美しいグリーンは、含まれるクロムによるもので、ウラル山脈で産出されたスフェーンの中には、エメラルドのような深いグリーンでダイヤモンドより輝く奇跡のスフェーンが見つかったとされています。

 

多色性がある石なので、見る角度によってグリーンな中に褐色や青など、違った色の輝きを見ることができる石もあります。

 

 

スフェーンの石言葉

 

スフェーンの石言葉は、永久不滅、宇宙的な意思の疎通、そして純粋です。

ジュエリー全品、無料ギフトラッピング中
ストーンフリーAmazon店
  • 鑑別書あり
  • 最高級品質の天然石一点もの
  • 玉サイズ:約7.5mm
  • 玉数:26玉
  • 内周:約17.8cm
  • 付属品:アクセサリーケース
  • ギフトにも最適